牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)におけるGLP,GCP適用試験などを実施しております。

業務内容

研究内容一覧

発表論文

  1. 平詔亨, 浦重義(1992) 「牛の内部寄生虫症の動向」『酪総研』, 150, 4‐5.
  2. Taira, N., Nakamura, Y., Tsuji, N., Kubo, M., Ura, S. (1992). Sudden death of calves by experimental infection with Strongyloides papillosus. I. Parasitological observations. Veterinary Parasitology, 42, 247‐256.
  3. Kamata ,S., Ohkawa, A., Ito, O., Kakiichi, N., Komine, K., Matsunaga, T., Hayashi, M., Sugiyama, M., Otsuka, H., Ura, S., Uchida, K. (1992). Preliminary experiment for detection of penicillinase by enzyme-linked immunosorbent assay and western blotting technique. J.Vet.Med.Sci., 54(2), 395‐397.
  4. 平詔亨, Smitanon, J., 枦山正弘, 浦重義(1992) 「家兎に対する乳頭糞線虫の感染試験」『日獣会』, 45, 742‐746.
  5. Prasitiratana, P., Chompoochan, T., Ura, S., Taira, N. (1992). Fecal egg counts in swine experimentally infected with Strongyloides rasomi. J.Vet.Med.Sci., 54(4), 791‐792.
  6. Ura, S., Nakamura, Y., Tsuji, N., Taira, N. (1992). Sudden death of calves by experimental infection with Strongyloides papillosus. II. Clinical observations and analysis of critical moments of the disease recorded on videotape. Veterinary Parasitology, 44, 107‐110.
  7. 三柴徹, 中山啓三, 中西信夫, 山田耕司 (1992) 「トリメトプリムとスルファメトキサゾール複合製剤のブロイラーへの応用(1) - 鶏コクシジウム症に対する治療効果 -」 『臨床獣医』, 10, 2269‐2274.
  8. 三柴徹, 奥村融, 福沢勲, 山田耕司 (1992) 「トリメトプリムとスルファメトキサゾール複合製剤のブロイラーへの応用(2) 鶏大腸菌症に対する治療効果」『臨床獣医』10, 2389‐2395.
  9. Tsuji, N., Itabisashi, T., Nakamura, Y., Taira, N., Kubo, M., Ura, S., Genno, A.
    (1992). Sudden cardiac death in calves with experimental heavy infection of Strongyloides papillosus. J.Vet.Med.Sci., 54(6), 1137‐1143.
  10. Taira, N., Ura, S., Nakamura, Y., Tsuji, N. (1992). Sudden death in calves infected with Strongyloides papillosus. JARQ, 26(3), 203‐209.
  11. Nakanishi, N., Nakamura, Y., Ura, S., Tsuji, N., Taira, N., Tanimura, N., Kubo, M. (1993). Sudden death of calves by experimental infection with Strongyloides papillosus. III. Hematological, biochemical and histological examinations. Veterinary Parasitology, 47, 67‐76.
  12. Ura, S., Taira, N., Nakamura, Y., Tsuji, N., Hirose, H. (1993). Sudden death of calves by experimental infection with Strongyloides papillosus. IV. Electro-cardiographic and pneumographic observations at critical moments of the disease. Veterinary Parasitology, 47, 343‐347.
  13. 浦 重義, 中西信夫, 三柴徹, 源野明, 中村義男, 辻 尚利, 平詔亨 (1993) 「乳頭糞線虫実験感染牛における突然死の再現試験 - 1. 寄生虫学的検討 -」『臨床獣医』 11.8), 52‐58.
  14. 浦重義, 中西信夫, 三柴徹, 谷村信彦, 久保正法, 中村義男, 辻尚利, 平詔亨 (1993). 「乳頭糞線虫実験感染牛における突然死の再現試験 -2. 病理学的検討 -」『臨床獣医』, 11 (10), 51‐54.
  15. Nakanishi, N., Tezuka, H., Nagata, T., Ura, S. (1994). Efficacy of Ivermectin Premix against natural infections of Strongyloides rasomi in swine. Jpn. Bulletin of animal hygiene, 39, 21‐24.
  16. Mishiba, T., Nagata, T., Yamada, K., Ura, S. (1994). Efficacy of Ivermectin Premix against natural infections of Ascaris suum in swine. Jpn. Bulletin of animal hygiene, 39, 25‐31.
  17. 三柴徹, 中西信夫, 山田耕司, 塚原知行 (1995) 「豚の内部および外部寄生虫に対するイベルメクチンの駆虫試験」『養豚界』, 30(4), 65‐69.
  18. Nagata, T., Roncalli, R. A., Mishiba, T., Matsuoka, K., Yamada, K., Ura, S.  (1995). Efficacy of Ivermectin Pour-On formulation against naturally infected Mange Mites (Chorioptes spp.) in cattle. Jpn. Bulletin of animal hygiene, 41, 27‐33.
  19. Nagata, T., Roncalli, R. A., Mishiba, T., Yamada, K., Ura, S. (1995). Efficacy of Ivermectin Pour-On formulation against Strongyloides papillosus infection in calves. Jpn. Bulletin of animal hygiene, 42, 3‐7.
  20. 三柴徹, 奥村融, 冨田昭雄, 中本光則, 山田耕司, 赤司志郎 (1996) 「子牛の下痢時における経口補液剤の効果」『家畜診療』, 393, 3‐9.
  21. 福沢勲, 奥村融, 中西信夫, 冨田昭雄, 中本光則, 林純子, 山田耕司, 岡田昌昭, 小松孝義 (1996)「安息香酸ビコザマイシンの飼料添加投与および水溶液投与による豚での消化管吸収性の比較」 『家衛研会報』, 43, 11‐18.
  22. 三柴徹 (1996) 「京都府下2農場における繁殖豚の寄生虫汚染と駆虫」 『臨床獣医』, 14(13), 35‐41.
  23. 中西信夫, 奥村融, 福沢勲, 中本光則, 冨田昭雄, 山田耕司 (1997) 「スルファメトキサゾールとトリメトプリム複合製剤の豚胸膜肺炎に対する野外治療効果試験」 『家衛研会報』, 45, 13‐20.
  24. 藤田昭二, 及川明, 中西信夫, 山田耕司 (1998) 「納豆菌BN株の投与が鶏コクシジウム症に及ぼす影響」 『畜産の研究』, 52(8), 898‐902.
  25. 長尾稔, 塚原隆充, Sasi Jaroenpoj, Chusak Ardsoongnearn. (1998) 「食肉に残留するニューキノロン剤のHPLCによる簡易分析法」 『食衛誌』, 39, 329‐332.
  26. 奥村融, 中西信夫, 林純子, 山田耕司, 柿市徳英, 鎌田信一 (1998) 「実験的豚胸膜肺炎に対するリン酸チルミコシン製剤の効果試験」 『家衛研会報,』 48, 15‐21.
  27. 中西信夫, 奥村融, 林純子, 福沢勲, 塚原隆充, 山田耕司, 谷川雅俊, 澤野亮, 桑野昭, 柿市徳英, 鎌田信一 (2000) 「持続性アモキシシリン注射剤 (DT-1688) と既存ペニシリン系製剤の豚の細菌性肺炎に対する野外臨床試験における効果比較」 『家衛研会報』, 26(1), 1‐6.
  28. 塚原隆充, 宮崎孔志, 田中賢一, 中西信夫, 奥村融 (2000) 「成育期の異なる肥育ブタ糞便中のガスおよび悪臭物質の発生調査」. 『畜産の研究』, 54(6),  691‐695.
  29. 塚原隆充, 東有佳里, 竹内一之, 牛田一成 (2000) 「離乳期子ブタにおける生菌製剤と消化酵素製剤併用投与が消化および大腸発酵におよぼす効果」 『腸内細菌学雑誌』, 14 , 1‐9.
  30. Tsukahara, T., Ushida, K. (2000). Succinate accumulation in pig large intestine during the antibiotic associated diarrhea (AAD) and isolation of succinate producing bacteria. Reprod. Reprod Nutr Dev, 40 (2), 213.
  31. 杉浦 創, 中西信夫 (2001) 「乾燥酵母細胞壁製剤が新生子牛の免疫細胞に及ぼす影響」 『獣医畜産新報』, 54(4), 273‐276.
  32. Tsukahara, T., Azuma, Y., Ushida, K. (2001). The Effect of Live Lactic Acid Bacteria on Intestinal Gas Production in Pigs. Microbial Ecology in Health and Disease, 13; 105-110.
  33. Fujii, T., Guyonnet, V., Mishiba, T.(2001).Therapeutic Efficacy of Injectable Doramectin Against Chorioptic Mange in Cattle under the Field Condition in Japan. Bulletin of animal hygiene, 27(1), 1‐5.
  34. 内海恭太, 塚原隆充, 前川真貴子, 奥村融, 岡崎征男, 牛田一成 (2001) 「離乳期および育成期豚へのラクチュロース飼料添加がふん便臭気と成長におよぼす影響」 『家衛研会報』, 27(1), 15‐22.
  35. Tsukahara, T., Ushida, K.(2001). Organic Acid Profiles in Feces of Pigs with Pathogenic or Non-Pathogenic Diarrhea. J.Vet.Med.Sci., 63(12), 1351-1354.
  36. Tsukahara, T., Koyama, T., Okada, M., Ushida, K. (2002). Stimulation of Butyrate Production by Gluconic Acid in Batch Culture of Pig Cecal Digesta and Identification of Butyrate-Producing Bacteria. J.Nutr., 132, 2229-2234.
  37. Tsukahara, T., Ushida, K. (2002). Succinate accumulation in pig large intestine during antibiotic-associated diarrhea and the constitution of succinate-producing flora. J. Gen. Appl. Microbiol., 48, 143-154.
  38. Tsukahara, T., Iwasaki, Y., Nakayama, K., Ushida, K. (2002). An Improved Technique for the Histological Evaluation of the Mucus-secreting Status in Rat Cecum. J. nutr. sci., 48, 311-314
  39. 塚原隆充, 牛田一成 (2002) 「正常な腸内細菌叢の維持による疾病防御と増体改善」 『Pig Journal』, 5(11), 29-34.
  40. Tsukahara, T. (2002). The etiogenic and regulative studies on the abnormal fermentation-associated diarrhea in weaned piglets. Ph.D. Thesis. Kyoto Prefectural University.
  41. Tsukahara, T., Iwasaki, Y., Nakayama, K., Ushida, K. (2003). Microscopic structure of the large intestinal mucosa in piglets during an antibiotic-associated. diarrhea. J.Vet.Med.Sci., 65, 301-306.
  42. 村岡健一, 吉田哲, 長谷川和正, 中西信夫, 福沢勲, 冨田昭雄, 丁宗鐵(2003) 「葛根湯製剤の作用機序の薬理学的検討-イヌによる体温上昇と免疫能活性について-」 『J. Trad. Med.』 20(1), 30-37.
  43. Carlos D.E. Rebollo, Taira, N., Ura, S., J.C. Williams. (2003). Larvicidal effects of several Chemicals on Strongyloides infective larvae. Veterinary Parasitology, 118, 165-168.
  44. Tsukahara, T.,  Iwasaki, Y., Nakayama, K., Ushida, K. (2003). Stimulation of Butyrate Production in the Large intestine of Weaning Piglets by Dietary Frukutoologosaccharides and Its Influence on the Histological Variables of the Large Intestinal Mucosa. J. nutr. sci. vitaminol., 49, 414-421.
  45. 小山公成, 岡田昌昭, 奥村融, 三柴徹, 山田耕司, 塚原隆充, 橋爪研太, 牛田一成 (2003) 「グルコン酸ナトリウムの飼料添加が子豚の成長, 感染予防および糞便臭の軽減に及ぼす効果」 『家畜衛生学雑誌』, 29(2), 113-122.
  46. Tsukahara, T., Nakanishi, K., Shiga, A., Matsubara, N., Ushida, K. (2004). Enterococcus Faecalis cell preparation (EC-12) significantly alleviating diarrhea diseases in nursing piglets may replace antimicrobials. Reprod Nutr Dev., 44 (Suppt.1) S1-S108.
  47. Ushida, K., Tokunaga, M., Ohashi, Y., Hashizume, K., Tsukahara, T. (2004). Composition of intestinal microflora can explain the difference in the probiotic effect. Reprod Nutr Dev., 44 (Suppt.1) S1-S108.
  48. 中出哲也, 横山滋, 網本昭輝, 副田功, 藤田桂一, 安田英巳, 花沢豊次, 松尾直樹, 山崎剛, 山下時明, 立花徹, 前谷茂樹, 井関敦公, 川名友巳, 小林なぎさ, 中台共美, 高井光一, 奥村融, 和田直子, 三高正, 藤井武 (2004) 「犬における歯周病に対する塩酸クリンダマイシン経口投与剤の臨床効果」 『動物抗菌会報』, 26, 45-51.
  49. 平詔亨, 浦重義 (2005) 「子牛のポックリ病の原因究明過程と乳頭糞線虫症の病理」, 『獣医寄生虫学会誌』, 4(1), 23-26.
  50. Inoue, R., Tsukahara, T., Nakanishi, N., Ushida, K. (2005). Development of the intestinal microbiota in the piglet. J. Gen. Appl. Microbiol., 257-265.
  51. Tsukahara, T., Nakanishi, N., Nakayama, K., Matsubara, N., Ushida, K. (2005). Experimental Infection of Enterotoxemie Esherichia coli Associated with Porcine Edewma Disease and Pathologic Characteristies in the Intestine. J.Vet.Med.Sci., 67(11), 1167-1171.
  52. M. A. O. Almeida, Usa, C., Ura, S., Taira, N., Taira, K. (2005). Efficacy of Ivermectin in calves in a farm occurring sudden-death type of stongyloidosis. Helminthologia, 42(4), 211-214.
  53. 塚原隆充, 中西信夫, 松原範宣, 伊藤貢, 牛田一成 (2006) 「臨床現場で起こった哺乳期又は離乳期下痢に対する殺菌乳酸菌製剤 (EC-12) の投与効果」 『豚病会報』, 48, 19-23.
  54. 平詔亨 (2006) 「日本における牛鞭虫病発生の経緯と留意点」 『家畜診療』, 53(3), 159-163
  55. 吉田哲, 中西信夫, 山田耕司 (2006) 「植物多糖体C-UPIIIによる成牛および子牛の単球の貪食能活性化」 『日獣会誌』, 59(5), 315-319.
  56. 吉田哲, 中西信夫, 山田耕司 (2006) 「PRRS浸潤農場における植物多糖体飼料添加物S-UPによる子豚の呼吸器症状の抑制効果」 『日獣会誌』, 59(7), 467-472.
  57. 藤本慶, 中西信夫, 奥村融, 三輪尚克, 高橋克成 (2006) 「nHuIFN-αの低用量経口投与による哺乳豚の下痢症予防および発育促進効果」 『動物臨床医学』, 15(2), 27-31.
  58. Tsukahara, T., Hashizume, K., Koyama, H., Ushida, K. (2006). Stimulation of butyrate production through the metabolic interaction among lactic acid bacteria, Lactobacillus acidophilus, and lactic acid-utilizing bacteria, Megasphaera elsdenii, in porcine cecal digesta. Animal Science Journal, 77, 454-461.
  59. Tsukahara, T., Inoue, R.,  Nakanishi, N., Nakayama, K., Matsubara, N., Ushida, K. (2007). Evaluation of the Low Dose Level of Heat-Killed and Dried Cell Preparation of Enterococcus faecalis to Prevent Edema Disease Using Experimental Infection Model with Enterotoxcemic Escherichia Coli in Weaning Pigs. J.Vet.Med.Sci., 69(2), 103-109.
  60. Ushida, K., Kameue, C., Tsukahara, T., Fukuta, K., Nakanishi, N. (2008) Decreasing Traits of Fecal Immunoblobulin A in Neonatal and Weaning Piglets. J.Vet.Med.Sci., 70(8), 849-852.
  61. Hisasue, M., Nagashima, N., Nishigaki, K., Fukuzawa, I., Ura, S.,  Katae, H., Tsuchiya, R., Yamada, T., Hasegawa, A., Tsujimoto, H. (2009). Myelodysplastic syndromes and acute myeloid leukemia in cats infected with feline leukemia virus clone33 containing a unique long terminal repeat. Int. J. Cancer, 124(5), 1133-1141.
  62. 内海恭太, 中西信夫, 山田耕司, 吉田哲 (2010) 「植物多糖体C-UP IIIを投与した子豚の成長および単球の貪食能の活性化」 『日獣会誌』, 63, 519-523.
  63. 中西信夫 (2010) 「酒石酸酢酸イソ吉草酸タイロシンの離乳子豚おける豚呼吸器複合症 (PRDC)に対する効果~投与によりPRRSウイルスの発生抑えて飼料要求率を改善~」 『Pig Journal』, 13(11), 89-91.
  64. 鈴木敏明, 大熊就明, 岡村雅史, 原田和記, 片岡康, 岡田理恵子, 中村政幸, 澤田拓氏 (2011) 「養鶏における天然の飼料添加資材としての中鎖脂肪酸の利用 第1報. 鶏由来細菌に対するin vitroおよびin vivoでの有効性評価」 『畜産の研究』, 65(8), 804-808.
  65. 牛田一成, 朴鐘吉, 塚原隆充, 伊藤貢, 中西信夫 (2011) 「Brachyspira属細菌の養豚野外試料からの検出」 『Brachyspira』, 2(1), 18-27.
  66. Ogawa, S., Tsukahara, T., Nishibayashi, R., Nakatani, M., Okutani, M., Nakanishi, N., Ushida, K., Inoue. R. (2014). Shotgun proteomic analysis of porcine colostrum and mature milk, Animal Science Journal, 85(4), 440-448.
  67. 石原秀平,楠田理一,塚原隆充,三柴 徹 (2018) 「ブリSeriola quinqueradiataにおけるマイタケGrifola frondosa粉末経口給与後の頭腎由来マクロファージ活性および生残率に及ぼす影響」 『日本きのこ学会誌』,26(1),18-23.
  68. 今岡泰史,森川里美,中本光則,斉藤恵子,中西信夫(2018) 「鶏コクシジウムに対するポリエーテル系イオノフォア評価方法の検討―生産性に着目した実験感染モデルの有用性―」『鶏病研究会報』,54(3),123-129.

学会発表

  1. 市村節也, 松浦光信, 三柴徹 (1992). ブリへのビタミンおよび活性卵白粉末の給与が体表粘液に及ぼす影響. 日本水産学会(1992年春季), 東京都.
  2. 浦重義 (1992). 牛の乳頭糞線虫症の野外発生(寄生虫病学 分科会シンポジウム)
    日本獣医学会 (第113回), 相模原.
  3. 平詔亨, 浦重義 (1992). 子牛の突然死型乳頭糞線虫症の年次別発生状況. 日本獣医学会 (第113回), 相模原.
  4. Taira, N., Ura, S., Nakamura, Y., Tsuji, N., Kubo, M. (1992). Sudden death of calves by experimental infection with Strongyloides papillosus. 6th European Multicolloquium of Parasitology, Hague, Netherlands.
  5. 中西信夫, 三柴徹, 中村義男 (1993). 乳頭糞線虫の牛への実験感染 (突然死の記録ビデオ), 日本産業動物獣医学会, 平成4年度学会年次大会, 京都.
  6. 奥村融, 市村節也, 小沢恭輔 (1993). 活性卵白粉末及び納豆菌BN株のサルモネラに対する抑制効果. 日本家禽学会 1993 年春期大会, 東京都.
  7. 手塚博愛, 福里吉文, 山下徹, 浦重義, 平詔亨 (1993). 種子島のR農場における山羊の乳頭糞線虫による死亡事故. 日本獣医学会 (第115回), 東京都.
  8. 浦重義, 中西信夫, 三柴徹, 平詔亨 (1993). 子豚に対する Strongyloides rasomi F型子虫の数を変えた暴露による実験感染. 日本獣医学会 (第115回), 東京.
  9. Taira, N., Ura, S., Nakanishi, N., Mishiba, T. (1993). Massive experimental infection of pigs with Strongyloides rasomi. 38th Annual Meeting of American Association of Veterinary Parasitologists, 94, Minneapolis, Minnesota, USA.
  10. Taira, N., Ura, S., Shinkooi, S. (1993). Spontaneus expulsion of worms from pigs massively infected with Trichuris suis in a farm using the fermented sawdust litter confinement pens. 14th International Conference of the World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology, 159, Cambridge, GBR.
  11. 山田耕司, 三柴徹, 冨田昭雄, 中本光則, 浦重義, 平詔亨 (1994). Strongyloides rasomiの実験小動物への感染実験. 日本獣医学会 (第117回), 東京都.
  12. 石田優, 三木昇一, 川島功, 高瀬直敬, 野崎英男, 奥村融, 岩隈昭裕, 安藤順康, 佐々木輝, 伊林富男 (1994). 牛の肺炎に対する U-64279E の治療効果. 日本獣医学会 (第117回), 東京都.
  13. 奥祐三郎, 三柴徹, 竹内健児, 種村高一 (1994). 日本におけるウシのショクヒヒゼンダニChorioptes texanusについて, 日本衛生動物学会 (第46回), 岩手.
  14. 本郷久仁治, 一ノ橋忠寛, 笠井優, 田中真一, 中尾登, 野尻吉博, 三宅慶一, 吉田修, 和田茂雄, 浦重義, 垣平博臣, 中野正和 (1994). 新規開発ノミ自然感染犬・猫に対する駆除効果. 近畿地区連合獣医師大会 (第73回), 大阪.
  15. 大橋秀一, 芝文彦, 橋本和典, 西条栄一, 三柴徹, 中西信夫, 伊藤貢 (1994). Mycoplasma Hyopneumoniae不活化オイルアジュバントワクチンの野外試験, 日本獣医学会 (第118回), 十和田市.
  16. 芝文彦, 大橋秀一, 橋本和典, 奥村融, 西条栄一 (1994). Mycoplasma Hyopneumoniae 不活化オイルアジュバントワクチンの野外試験-抗体価測定法の検討-, 日本獣医学会(第118回), 十和田市.
  17. Yoshifuji, H., Taira, N., Ura, S. (1994). Successful infestation with Fasciola in piglets fed with fresh raw mice livers harbouring immature flukes. International Conference on Parasitic Zoonoses, 67-68, Changchum, P. R. Chaina.
  18. Nagata, T., Roncalli, R.A., Mishiba, T., Yamada, K., Ura, S. (1995). Safety and efficacy of Ivermectin Pour-On formulation agenst Strongyloides papillosus infection in cattle. 15th International Coference of WAAVP, Yokohama, Japan.
  19. Arakawa, A., Tagawa, M., Hara, Y., Kagota, K., Oda, K., Ura, S., Toshida, T., Nakano, M. (1995). Clinical trials of Lufenuron (PROGRAMR), flea control agent in Japan. 
    15th International Conference of WAAVP, Yokohama, Japan.
  20. Taira, N., Nakamura, Y., Kakihira, H., Ura, S. (1995). Fatal Strongyloidosis in calves in the sawdust litter confinement pens in Japan. 15th International Conference of WAAVP, Yokohama, Japan.
  21. Nakamoto, K., Nakanishi, N., Koseki, T. (1995). The evaluation of the efficacy of Tilmicosin for the control of bacterial pneumonia in swine. 25th Congress of the World Veterinary Association, Yokohama, Japan.
  22. Taira, N., Mishiba, T., Yamada, K., Iwabutchi, I. (1995). Trichuriosis in pigs raised in fermented sawdust litter confinement pens in Japan. 25th Congress of the World Veterinary Association, Yokohama, Japan.
  23. 藤井武, Bonita, R. L.,  吉藤浩之, 浦重義, 中村義男, 平詔亨 (1996). 豚鞭虫実験感染豚における便潜血反応の診断的価値, 日本獣医学会 (第121回), 相模原市.
  24. 長尾和哉, 河合透, 高瀬公三, 藤井英雄, 赤司志郎, 神野太一, 三柴徹 (1996). 豚マイコプラズマ性肺炎不活化ワクチンの野外における有効性, 日本獣医学会 (第121回), 相模原市.
  25. 山中篤志, 堀井洋一郎, 牧村進, 浦重義, 垣平博臣 (1997). スナネズミ腸管内への乳頭糞線虫の外科的移入により引き起こされる麻痺性イレウス. 日本獣医学会 (第123回), 藤沢市.
  26. 塚原隆充, 奥村融, 三柴徹, 福沢勲 (1997). 実験的ブタ大腸菌症に対するダイアクアの効果. Hindgut club 第3回セミナー, 東京都.
  27. 塚原隆充, 牛田一成, 奥村融, 山田耕司, 小島洋一 (1998). ルーメン醗酵からのメタン生成を抑制する天然物のスクリーニング (予報). 日本畜産学会 (第94回), 神戸市.
  28. Chompoochan, T., Ura, S,. Taira, N. (1998). Control strategies in South East Asia, with special reference to Thailand. 9th International Congress of Parasitology, Chiba, Japan.
  29. 真鍋貞夫, 通山哲郎, 今川忠, 三柴徹, 中島員洋 (1998). マダイにおけるイリド不活化ワクチンの臨床試験. 日本魚病学会(平成10年度春季), 東京都.
  30. 酒井正博, 河野智哉, 川上秀昌, 山下浩史, 三柴徹, 藤本拓, 清水まゆみ (1999). ブリ類結節症のオイルアジュバントワクチンの有効性. 日本魚病学会 (平成11年度春季), 東京都.
  31. 小畠理恵子, 豊田有樹子, 大田博昭, 奥村融, 井上誠 (1999). Salmonella enteritidis (SE) 不活化ワクチン誘発 鶏肉芽腫の特徴. 日本獣医学会 (第128回), 熊本市.
  32. 大田博昭, 豊田有樹子, 小畠理恵子, 奥村融, 合田光昭 (1999). SE・ND・IB混合ワクチンの野外臨床試験. 日本獣医学会 (第128回), 熊本市.
  33. 塚原隆充, 東有佳里, 牛田一成 (1999). 抗生物質投与に由来する下痢(AAD)とコハク酸異常蓄積の原因菌. Hindgut Club シンポジウム, 東京都.
  34. 久末正晴, 西垣一男, 浦重義, 福沢勲, 片江宏巳, 由里和世, 長谷川篤彦, 辻本元(2000). ネコのMDSの発症に関与するネコ白血病ウイルスの遺伝子解析とその実験感染によるMDSの再現. 日本血液学会(第62回), 福岡市.
  35. 塚原隆充, 中西信夫, 林純子, 奥村融, 牛田一成 (2000). 離乳期ブタにおける消化不良性と病原性下痢の簡便な識別法. 日本畜産学会, 京都市.
  36. 塚原隆充, 岩崎由恵, 中山啓三, 牛田一成 (2000). ラット盲腸における非でんぷん態糖質投与による上皮および管腔内のムチン産生像-管腔内容物をふくむ腸管組織切片作成方法の開発-. 第6回 Hindgut Club Japan ミーティング, 東京都.
  37. 塚原隆充, 岩崎由恵, 中山啓三, 牛田一成 (2000). 脊椎動物の後腸内環境-とくに粘膜上皮組織と管腔内の粘液について-.  第6回 Hindgut Club Japan ミーティング, 東京都.
  38. 塚原隆充, 林純子, 奥村融, 山田耕司 (2000). E.coli O157:H7 実験感染鶏に対するビコザマイシン製剤の有効性. 家衛研会第25回研究発表会, 東京都.
  39. 小山公成, 岡田昌昭, 塚原隆充, 三柴徹, 中西信夫, 山田耕司 (2000). 豚におけるグルコン酸Naの成長促進効果. 家衛研会第53回研究発表会, 東京都.
  40. 内海恭太, 塚原隆充, 前川真貴子, 奥村融, 岡崎征男, 牛田一成 (2001). 離乳期及び育成期ブタへのラクチュロース試料添加による糞中臭気物質生成に対する効果. 日本畜産学会, 仙台市.
  41. 牛田一成, 塚原隆充, 前川真貴子, 岡原則夫, 小山公成 (2001). グルコン酸による大腸内酪酸生成の促進. 日本栄養食糧学会, 京都市.
  42. 小山公成, 岡田昌昭, 塚原隆充, 奥村融, 山田耕司, 牛田一成 (2001). グルコン酸ナトリウムの動物用飼料への応用について. ペット栄養学会, 東京都.
  43. Tsukahara, T., Iwasaki, Y., Nakayama, K., Usida, K. (2001). Enhancement of butyrate concentration in the large intestine of piglets by the dietary fructooligo-saccharides and its influence on the mucosa. Tokyo, Japan.
  44. 久末正晴, 西垣和男, 浦重義, 福沢勲, 片江宏巳, 由里和世, 長谷川篤彦, 辻本元(2001). ネコの急性骨髄性白血病から分離したクローン化ネコ白血病ウイルスの病原性. 日本獣医学会学術集会, 盛岡市.
  45. Furuhata, K., Onaka, K., Hara, M., Fukuyama, M,., Hayashi, J. (2002). Efficasy of Avilamycin against E.coli derived from pig edema disease. International Pig Veterinary Sosiety. Ames, USA.
  46. 塚原隆充, 築山文彦, 萩原英雄, 小山公成, 岡田昌昭, 山田耕司, 牛田一成 (2002). 乳牛モデルヤギルーメン発酵に及ぼすグルコン酸ナトリウムの影響. 日本畜産学会, 東京都.
  47. 石原秀平, 楠田理一, 塚原隆充, 三柴徹 (2002). ブリの貪食活性に及ぼすマイタケ粉末投与の影響. 日本水産学会大会, 奈良.
  48. Tsukahara, T., Usida. K. (2002). Organic acid analysis in diarrheic feces of piglets will determine dyspepsia, antibiotic-associated diarrhea, or colibacillosis. The 4th Korea-Japan joint symposium on Rumen Metabolism and Physiology, Jeju, Korea.
  49. 橋爪研太, 塚原隆充, 山田耕司, 小山公成, 牛田一成 (2002). Megasphaera elsdenii 経口投与は大腸乳酸過多症誘導ラットの大腸発酵を正常化する. 腸内細菌学会, 東京都.
  50. Usida, K., Hasizume, K., Tsukahara, T., Yamada, K., Koyama, K. (2002). JCM1772T regulates hyper lactate production in the rat large intestine. Third joint RRI-INRA Gastrointestinal Tract Microbiology Symposium. Aberdeen, Scotland, GBR.
  51. 亀上知世子, 塚原隆充, 岩崎由恵, 中山啓三, 山田耕司, 小山公成, 牛田一成 (2002). フラクトオリゴ糖によるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎治癒効果は, ラット大腸フローラの多様性に依存する?. 第56回日本栄養食糧学会大会, 札幌市.
  52. 牛田一成, 塚原隆充, 小山公成, 岡田昌昭 (2002). グルコン酸による大腸酪酸生成の促進と酪酸生成菌の同定. Hindgut Club Japan 2002, 東京都.
  53. 橋爪研太, 塚原隆充, 小山公成, 山田耕司, 牛田一成 (2002). ブタ大腸発酵に及ぼすグルコン酸ナトリウム (GNA) と生菌剤併用効果. Hindgut Club Japan 2002, 東京都.
  54. 橋爪研太, 塚原隆充, 小山公成, 山田耕司, 牛田一成 (2002). Megasphaera elsdenii 経口投与は大腸乳酸過多症誘導ラットの大腸発酵を正常化する. Hindgut Club Japan 2002, 東京都.
  55. 亀上知世子, 塚原隆充, 岩崎由恵, 中山啓三, 小山公成, 牛田一成 (2002). 実験的大腸ガン作出ラットにおけるグルコン酸ナトリウムの発ガン抑制効果. Hindgut Club Japan 2002, 東京都.
  56. 塚原隆充, 辻元人, 岩崎ゆか, 牛田一成 (2002). 養殖ブリの腸内菌叢と抗菌剤投与による影響. Hindgut Club Japan 2002, 東京都.
  57. 塚原隆充, 牛田一成 (2003), ブタ大腸における乳酸・コハク酸蓄積と非病原性下痢. 第26回ルーメン研究会, つくば市.
  58. 小山公成, 岡田昌昭, 塚原隆充, 山田耕司, 橋爪研太, 牛田一成 (2002). ブタにおけるグルコン酸ナトリウムの悪臭発生抑制効果. 第101回日本畜産学会, つくば市.
  59. 塚原隆充, 橋爪研太, 小山公成, 山田耕司, 牛田一成 (2003). 乳酸菌Lactobacillus acidophilusと乳酸利用菌 Megasphaera elsdeniiの代謝共同を介した酪酸生成.
  60. 塚原隆充, 武川和琴, 管辰彦, 牛田一成 (2003). Enterococcus faecalis 死菌体製剤(EC-12)の便通改善効果. Hindgut Club Japan 2003, 東京都.
  61. 村岡健一, 吉田哲, 長谷川和正, 中西信夫, 福沢勲, 冨田昭雄, 丁宗鐵 (2003). 葛根湯の作用機序の検討その1-イヌによる体温と免疫能について-, 第20回和漢医薬学会, 熊本市.
  62. 村岡健一, 吉田哲, 長谷川和正, 中西信夫, 福沢勲, 冨田昭雄, 丁宗鐵 (2003). 葛根湯の作用機序の検討 その2-イヌのマクロファージ及び好中球の殺菌能への影響-, 第20回和漢医薬学会, 熊本市.
  63. 西村直道, 塚原隆充, 中山啓三, 岩崎由恵, 牛田一成 (2004). 不溶性食物繊維による1,2-ジメチルヒドラジン誘発大腸ガンの発症抑制作用, 第58回日本栄養・食糧学会, 仙台市.
  64. 亀上知世子, 塚原隆充, 小山公成, 牛田一成 (2004). DNAマイクロアレイを用いたグルコン酸ナトリウムの大腸発ガン抑制作用の解析, 第58回日本栄養・食糧学会, 仙台市
  65. 塚原隆充, 武川和琴, 菅辰彦, 牛田一成 (2004). Enterococcus Faecalis 死体菌 (EC-12)の便通改善効果, 第58回日本栄養・食糧学会, 仙台市.
  66. 村岡健一, 吉田哲, 中西信夫, 丁宋鐡 (2004). 葛根湯の作用機序の薬理学的検討-イヌの深部体温と免疫能への影響-, 第55回日本東洋医学会学術総会, 横浜市.
  67. 塚原隆充, 中西信夫, 志賀明, 松原範宣, 牛田一成 (2005). ベロ毒素産生大腸菌症はアレルギー性疾患に似る?-ブタにおける実験的ベロ毒素産生大腸菌症(浮腫病)作出とその効果的な予防-, 第139回日本獣医学会学術集会, 和光市.
  68. 平詔亨 (2005). 動物 (家畜)に寄生する線虫, 第13回日本線虫学会, 佐賀市.
  69. 平詔亨 (2005). 「家畜の生産性阻害要因としての寄生虫と対策」に対する意見, 第140回日本獣医学会学術集会, 市民公開シンポジウム「日韓に共通する産業動物疾病の現状と対策」, 鹿児島市.
  70. 塚原隆充, 中西信夫, 木下亜紀子, 亀上知世子, 松原範宜, 中山啓三, 牛田一成 (2005). ブタ浮腫病実験感染系を用いた市販 Enterococcus faecalis 殺菌菌体製剤(EC-12)の評価, 第140回日本獣医学会学術集会, 鹿児島市.
  71. Nakanishi, N., Yamada, K., Utsumi, K. (2007). An effect of Valnemulin treatment on chronic Porcine Proliferative Enteropathy in Japanese swine farm. Proceedings The 3rd Congress of the Asian Pig Veterinary Society, Wuhan, China.
  72. 梁宝成, 小阪能尚, 片桐伸行, 中本光則, 林純子, 安原壽雄 (2007). ズッキーニ黄班モザイクウイルス(ZYMV)弱毒株2002の実験動物を用いた安全性評価, 平成19年度日本植物病理学会, 宇都宮市.
  73. 西園一也, 中西信夫, 西田由美, 小田憲司 (2007). 酒石酸酢酸イソ吉草酸タイロシン製剤の豚の増殖性腸炎に対する臨床試験, 第143回日本獣医学会学術集会, つくば市
  74. 塚原隆充, 朴鐘吉, 中西信夫, 林純子, 岸本安輝朗, 佐々木謙一, 志賀明, 伊藤貢, 牛田一成 (2007). 養豚現場における, 哺乳期から肥育期までの消化不良性下痢と病原性下痢排泄割合, 第144回日本獣医学会学術集会, 江別市.
  75. Nakanishi, N., Yamada, K., Abe, I., Strehlau, G., Kajiwara, K. (2008). Efficacy of DNENAGARDⓇ 45 % water soluble granules in the treatment of naturally occuring porcine proliferative Enteropathy under field conditions in Japan. IPVS 2008 Durban, South Africa.
  76. Nakanishi, N., Yamada, K., Abe, I., Strehlau, G., Kajiwara, K., Klein, U. (2008). Eficacy and speed of action DNENAGARDⓇ 2 % premix in the treatment of naturally occuring porcine Proliferative Enteropathy under field conditions in Japan IPVS 2008 Durban, South Africa.
  77. Utsumi, K., Nakanishi, N., Yamada, K., Hasegawa, K., Yoshida, S. (2009). Effects of herbal supplement MACH on immunity and weight gain piglets. APVS 2009 Tsukuba, Japan.
  78. Nakanishi, N., Utsumi, K. Yamada, K., Noguchi, J. (2009). The clinical effect of the free-medium chain fatty acid against the porcine reproductive and respiratory syndrome virus infection in Japan. APVS 2009 Tsukuba, Japan.
  79. 米竹和歌子, 加藤敏英, 土屋久司, 西 修, 中西信夫, 内藤雅也 (2011). 牛の細菌性肺炎に対するセフチオフル油性懸濁注射剤の有効性および安全性, 平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 岐阜市.
  80. 米竹和歌子, 中西信夫, 藤井 武 (2011). 豚の細菌性肺炎に対するセフチオフル油性懸濁注射剤の有効性および安全性, 平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 岐阜市.
  81. Rahman Shofiqur, 中西信夫, 柳澤聡美, 梅田浩二, Nguyen Van Sa, 児玉義勝 (2011). 特異卵黄イムノグロブリンを含有する「グロビゲン」の歯周病罹患犬を用いた評価試験, 平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 岐阜市.
  82. 松田敬一, 大塚浩通, 冨田昭雄, 中井豊次, 森 研一 (2013). 腸炎症状を呈した子牛に対するメロキシカム投与の治療経過に及ぼす影響, 平成24年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 大阪市.
  83. 松本修治, 林 純子, 和田直子, 渡辺一夫, 上久保正一, 岡田 誠 (2013). 関東地方と南九州で飼育されている母豚におけるトキソプラズマ抗体陽性率の検討, 平成25年度獣医学術近畿地区学会, 日本獣医公衆衛生学会(近畿), 堺市.
  84. Nakanishi, N., Imaoka, T., Morikawa, S., Moriyama, M. (2015). EFFICACY OF A NOVEL VACCINE AGAINST PRRS INFECTION IN A MICRO MINI PIG. The 7th International Symposium on Emerging and Re-emerging Pig Diseases 2015, Kyoto, Japan.
  85. 中西信夫 (2015). 豚腸管スピロヘータ症及び豚赤痢の現状及び対策, 第7回日本ブラキスピラ学会学術集会, 京都市.

ページトップに戻る