牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)におけるGLP,GCP適用試験などを実施しております。

業務内容

主たる業務内容

 新しい動物用医薬品等を製造・販売するためには,当局からの承認が必要となります。承認の申請に当たり,申請者は様々なデータを当局に提出しなくてはなりません。

 京都動物検査センターでは,お客様からの委託を受けて試験を行い,データを収集することで,新製品を世に送り出すサポートをしております。様々なニーズに対応することで,動物と人々の健康に貢献してまいります。

GLP適用試験

1. 飼料添加物

  1. 対象家畜等を用いた飼養試験:牛,豚,鶏,魚(海水,淡水)
  2. 対象家畜等を用いた残留試験:牛,豚,鶏,魚(海水,淡水)

2. 動物用医薬品

  1. 対象動物による安全性試験:牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)
  2. 対象動物による残留性試験:

飼育, 採材:牛,豚,鶏,魚(海水,淡水)
残留分析:微生物学的検定法,高速液体クロマトグラフ法(HPLC),高速液体クロマトグラフ質量分析(LC/MS)

3.農薬

  1. 微生物農薬のヒトに対する安全性試験:

(マウス,ラット,ウサギ等を用いた投与試験,細胞培養試験等)

※飼育動物

現在,弊社農場における飼育可能動物としましては,以下の動物が挙げられます。

 

  1. 豚(妊娠母豚の導入,分娩,保育,離乳,肥育,出荷まで)
  2. 牛(生後3ヵ月齢以内~350 kgまで)
  3. 犬(長期飼育可)
  4. 猫(長期飼育可)
  5. 鶏(肉用鶏:初生雛~成鶏,採卵鶏)
  6. うずら(初生雛~成鶉)
  7. スズキ目魚類(ブリ,カンパチ,マダイ,ハタ等),カレイ目魚類(ヒラメ),フグ目魚類(カワハギ,トラフグ等),その他淡水魚(アユ,サケ,ウナギ,コイ等)

GCP適用臨床試験

 弊社では畜産農家・水産業者・ブリーダー・動物病院・農業共済組合等の臨床現場と提携し,以下の動物に対する動物用医薬品のGCP適用臨床試験を受託・実施しております。

 

豚,牛,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)

GLP・GCP適用外の試験

 GLP・GCP試験以外にも,お客様のご要望に合わせて試験を受託・実施しております。試験をバックアップするための検査体制も整っており,検査のみの依頼も承っております(現在は農場単位,もしくは企業単位での受注に限らせていただいております)。

 過去に行った主な試験としまして,以下のものが挙げられます。

 

  1. 吸収排泄試験(同等性試験を含む)  対象動物:牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)
  2. 野外試験(GCP試験を除く)     対象動物:牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)
  3. 感染治療試験            対象動物:牛,豚,鶏,魚(海水,淡水)
  4. 成長促進効果試験            対象動物:牛,豚,鶏,魚(海水,淡水)
  5. 細菌に関する試験            細菌の分離同定
                      MIC(最小発育阻止濃度)測定
                      薬剤感受性ディスク試験
                      細菌数測定
                      石炭酸係数測定
                      in vitro 耐性獲得/消失試験
                      耐性菌調査  等
  6. ウイルスに関する試験          抗ウイルス剤スクリーニング,消毒薬効果試験
  7. 遺伝子検査               PCRによる細菌及びウイルスの検出・同定等
  8. 寄生虫に関する試験           抗寄生虫剤スクリーニング,糞便中の虫卵・オーシスト検査
  9. ブタを用いた疾病モデルの研究

 

 上記の他にも,ウズラを用いた鳥類影響試験,コイを用いた淡水魚影響試験,ミジンコを用いた淡水無脊椎動物影響試験の経験があります。

 また動物用医薬品等の効果や安全性を,市販後にもう一度見直すための「再審査・再評価」の制度があります。弊社ではその制度に対する「製造販売後臨床試験」も行っております。

 

ページトップに戻る