牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)におけるGLP,GCP適用試験などを実施しております。

業務内容

サービスフロー

試験のご依頼から完了報告までの概略をご紹介いたします。

ご要望の試験に関してヒアリングさせていただきます。

まずはお電話で,お客様情報,試験内容等をお伝えください。

ヒアリング内容をもとに経費を算出いたします。

お打ち合わせで詳細を確認させていただきます。

お打ち合わせ内容をもとに,計画書案・見積書を作成・提出させていただきます。

提出した計画書案・見積書をご検討いただきます。計画書の内容はご要望に応じて修正・加筆し,ご満足いただける形に仕上げてゆきます。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

委託契約書を準備いたします。供試動物や使用物品の手配はご契約成立後となりますので,ご了承ください。

供試物質をご発送ください。計画書に従い,試験を実施いたします。

試験終了後,結果を取りまとめ,最終報告書を文書にて送付させていただきます。

 開発計画の効率化から委託を検討しておられる方,すでに社内試験を終えていても第三者機関による検証を求めておられる方,「効果を確かめたいがどのような試験をしたらよいのかわからない」という方,ぜひ一度ご相談ください。

 ご要望を伺いまして,適切な試験をご提案させていただきます。

 

問い合せ先:075-612-0861(平日9:00~17:30)

 

※弊社は定められたGLP省令・GCP省令・GPSP省令を遵守し,実験動物に対して倫理的な配慮*のもとに,適正に試験を実施しております(GLPおよびGCP適合状況のページ参照)。

 

*;動物福祉における適正な試験を実施するため「動物の愛護及び管理に関する法律」,「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」,「農林水産省の所管する研究機関等における動物実験の実施に関する基本方針」及び関連指針等並びにガイドラインに基づいた動物実験規定を策定し,本規定に基づき設置された動物実験倫理委員会により,動物実験における3R(Refinement:苦痛の低減,Reduction:使用数の削減,Replacement:代替法の探求)の実行について審査しております。

 

ページトップに戻る