牛,豚,鶏,犬,猫,魚(海水,淡水)におけるGLP,GCP適用試験などを実施しております。

会社案内

会社沿革

1973年 6月 京都動物検査センターを創立,養豚コンサルタントを開始,京都市養豚農業協同組合の養豚衛生管理を担当。
1974年 4月 浦動物病院を開設。
1978年 2月 飼料添加物の成長促進効果試験及び動物用医薬品の臨床試験受託を開始した。
1981年 4月 有限会社京都動物検査センターを設立し,初代社長に浦重義が就任。養豚一貫農場経営を開始するとともに,飼料加物の評価基準に添った成長促進効果試験用豚舎を設置した。
1985年 2月 本社に細菌・ウィルス研究室を増築するとともに,各種 in vitro 試験受託を開始し,対象動物による総合的な動物用医薬品の評価試験の受託が可能となり,野外臨床試験及び実験感染試験などにより薬物の評価を開始した。
1988年 6月 三和農場(三和町)に対象動物でのGLP適用残留性及び安全試験施設を新築し,10月より試験の受託を開始した。
1990年 9月 GLP査察を2月に受け,豚及び鶏の残留性試験(飼育)に関して「評価結果A」と判定された。
1991年 2月 三和農場に牛,豚,泌乳牛,うなぎ及びにじますのGLP適用残留性及び安全性試験施設を新設し,3月より試験を開始した。
1991年10月 GLP査察を6月に受け,牛,豚,鶏及びうなぎの安全性試験,牛及びうなぎの残留性試験(飼育),残留分析(バイオアッセイ)に関して「評価結果A」と判定された。
1992年 9月 三和農場に豚分娩施設を新設し,10月より試験を開始した。
1992年11月 三和農場に飼料混合施設を新設した。
1993年 7月 GLP査察を5月に受け,牛,豚,鶏,うなぎ及びにじますの安全性試験,残留性試験(飼育),残留分析(バイオアッセイ)に関して「評価結果A」と判定された。
1994年10月 資料添加物GLP査察を7月に受け牛,豚,鶏,うなぎ及びにじますの残留性試験及び飼養試験に関して「評価結果A」と判定された。
1995年 6月 有限会社京都動物検査センターから株式会社京都動物検査センターに組織を変更した。
1997年 2月 GLP査察を1996年12月に受け牛,豚,鶏の安全性試験,残留性試験(飼育),残留分析に関して「評価結果A」と判定された。
1997年 6月 三和農場に水産用(海産魚)試験施設を新設し,試験を開始した。
1998年 6月 GLP査察を1998年3月に受け,牛,豚,鶏,うなぎ,にじます,たいの安全性試験,残留性試験(飼育),残留分析に関して「評価結果A」と判定された。
1999年 9月 GLP査察を1999年7月に受け,牛,豚,鶏,うなぎ,にじます,たい,ぶりの安全性試験,残留性試験(飼育),残留分析に関して「評価結果A」と判定された。
2000年 8月 資料添加物GLP査察を4月に受け牛,豚,鶏,にじます,うなぎ,まだい,ぶりの残留試験及び飼養試験に関して「評価結果A」と判定された。
2001年 5月 三和農場の水産用試験施設の停電対策として自家発電設備を新設した。
2002年 1月 GLP実地調査を2000年11月に受け,評価結果「適合」と判定された。
評価の範囲:犬及び猫の安全性に関する試験
2002年 7月 GCP実地調査を2002年7月に受け,評価結果「適合〔受託機関〕,適合〔実施機関〕」と判定された。
2003年 6月 三和農場にGLP対応の動物飼育棟を増設し,試験を開始した。
2004年 3月

GLP実地調査を2003年12月に受け,評価結果「適合」と判定された。
評価の範囲:
安全性に関する試験(牛,豚,鶏,犬,猫,ぶり,まだい,ひらめ,うなぎ,にじます)
残留性に関する試験(牛,豚,鶏,犬,猫,ぶり,まだい,ひらめ,うなぎ,にじます:飼育)
残留性に関する試験(残留分析)

2005年 1月 微生物農薬のヒトに対する安全性試験としてマウスを用いた単回経口投与試験を開始した。
2005年11月 農薬の毒性に関する試験の適合確認に係る査察を2005年10月に受け,適合性が確認された。
「適合確認の試験分野 毒性試験分野」
2006年 1月 飼料添加物GLP査察を2005年9月に受け,牛,豚,鶏,にじます,うなぎ,まだい,ぶりの残留試験及び飼養試験に関して「評価A」と判定された。
2006年 7月 GCP実地調査を2006年6月に受け,評価結果「適合(治験受託機関及び実施機関)」と判定された。
2007年 7月 GLP実地調査を2007年7月に受け,評価結果「適合」と判定された。
評価の範囲:
安全性に関する試験(淡水魚,海水魚(水槽飼育))
残留性に関する試験(淡水魚,海水魚(水槽飼育):飼育)
2008年 1月 GLP実地調査を2007年8月に受け,評価結果「適合」と判定された。
評価の範囲:
安全性に関する試験(牛,豚,犬,猫及び鶏)
残留性に関する試験(牛,豚及び鶏:飼育)
残留性に関する試験(残留分析)
2008年10月 動物病院部門を閉鎖し,付属診療所を開設した。
2009年10月 高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS)を導入し,分析を開始した。
2010年 7月 GCP実地調査を2010年6月に受け,治験受託機関及び治験実施機関について評価結果「適合」と判定された。
2011年 1月 GLP実地調査を2010年12月に受け,評価結果「適合」と判定された。
評価の範囲:
安全性に関する試験(牛,豚,鶏,犬,猫,淡水魚,海水魚(水槽飼育))
残留性に関する試験(牛,豚,鶏,淡水魚,海水魚(水槽飼育):飼育)
(残留分析)
2011年 1月 農薬の毒性及び残留性に関する試験の適正実施に係る基準適合確認についての査察を2010年12月に受け,適合性が確認された。
「適合確認の試験分野 毒性試験分野」
2013年11月 本社社屋を改装し,被検物質保管室,資料保存施設等を移設した。
2013年12月 GCP実地調査を2013年10月に受け,治験受託機関及び治験実施機関について評価結果「適合」と判定された。
2014年 1月 農薬の毒性及び残留性に関する試験の適正実施に係る基準適合確認についての査察を2013年12月に受け,適合性が確認された。「適合確認の試験分野 毒性試験分野」
2014年 6月

GLP実施調査を2014年4月に受け,評価結果「適合」と判定された。
適合の範囲:
安全性に関する試験〔牛、豚、犬、猫、鶏、淡水魚・海水魚(水槽飼育)〕
残留性に関する試験〔牛、豚、鶏、淡水魚、海水魚(水槽飼育):飼育〕
〔残留分析〕

2代目社長に中西信夫が就任

2019年 3月 GCP実地調査を2019年2月に受け,受託機関及び実施機関について評価結果「適合」と判定された。

ページトップに戻る